管理会社の選び方|高まる成功率|売りアパートで経営にチャレンジ
男性

高まる成功率|売りアパートで経営にチャレンジ

管理会社の選び方

集合住宅

条件の良い業者を選ぶ

マンションを経営する時は管理業務を自分で行うのは大変な事で契約に関する知識も必要になってきます。マンション管理会社に管理業務を委託する事でマンション管理を代行して行ってもらえます。同じ委託業務を依頼しても各マンション管理会社によって手数料が変わってきますし、サブリース契約のように業者が借り上げてオーナーに一定額の賃料を支払う契約をした場合の賃料の設定は同じマンションでも変わってきます。管理業務をマンション管理会社に委託しながらも少しでも収益性を高めるのはより良い条件の業者を選ぶ事が大切です。そのために特定の業者だけに最初から決めてしまわず複数の業者に相談して見積もりを出してもらった上で比較して選ぶと良いです。

契約の特徴を把握するべき

マンション管理会社に管理を委託する時の契約は主に二つあり一般管理契約とサブリース契約です。一般管理契約は家賃の設定などはオーナー側ができて管理会社に差し引かれる金額が少ないために収益率は高くなりやすいメリットがあります。しかし空室率が高くなればその分利益が減るリスクをそのまま負わなくてはなりません。一方サブリース契約は管理会社が借り上げる形で管理して一定の額をオーナーに支払う仕組みなので空室があってもなくてもオーナーは一定額を受け取れます。しかし一般管理と比べると安定しているものの満室状態の収益性は劣ってしまいます。両方ともメリットとデメリットがあるので管理会社に相談しながら特徴を理解して最終的な判断は自分で行うべきです。